shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2019年07月24日

【教員採用試験】チューターブログ  「来年の教員採用試験を受けられる方へ〜この時期にすること〜@」


【教員採用試験】チューターブログ 

「来年の教員採用試験を受けられる方へ〜この時期にすること〜@」


皆さん初めまして。私は、東京アカデミー東京校で、教員採用試験対策のチューターをしております、後藤と申します私は、2018年度の東京都教員採用試験 社会科・地理歴史科に合格し、現在は東京都の制度を活用して2年間猶予をいただき教職大学院(現在は2年間のうち1年目)に通っています。ですので、皆さんが今年合格されると、私は皆さんと一緒に研修を受けたり、働き始めたりすること(任用されること)になります。

ご一緒できることを楽しみにしております


教員採用試験を来年に控えたこの時期は、まだまだ何をすればよいのか、何をすべきであるのか分からず、戸惑うことが多いと思います。そこでまずすべきことは「試験を知る」ということですつまり、受ける予定の自治体の教員採用試験について調べる、ということです。教員採用試験はそれぞれの県ごと(政令指定都市は別)、試験があり、その内容も変わってきます。
例えば、東京都の教員採用試験の一次試験には「教職教養」・「専門教養」・「論作文」という領域が出題されますが、他の都道府県の多くはこれに加えて「一般教養」というものが出ます。一般教養とは、全教科に渡る問題で例えば英語や音符、美術史に関するもの等が出題され、これがあるかないかで今後の勉強内容が大きく変わると思います。この通り、教員採用試験はそれぞれの県ごと試験で問われる内容が異なることがありますので、よくよく調べていただきたいです。せっせと勉強していても試験で出ないと、時間も努力ももったいないですよね。そうならないためにも事前に、どのような試験でどのような内容が出るのか、志望先の採用試験について知って欲しいと思いますなお、調べていく中でご不明な点があった場合は東京アカデミーに気兼ねなくお聞きして欲しいと思います。個別相談会(無料)は随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、東京アカデミーでは、各自治体の2020年夏受験対策の傾向分析会(2019年試験の問題を分析し、いち早く最新情報をご案内いたします)を実施致しますので、ご参加下さい。
イベント詳細は下記をご覧ください
教採_傾向分析会_2020年夏対策.pdf

また傾向分析会は事前予約制となります
ご予約はこちらから

最新の情報を入手して来年の夏に向けて、万全の対策を始めましょう!


posted by 東京アカデミー東京校 at 09:30| 東京 ☀| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。