shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2018年01月27日

「2018年夏実施の教員採用試験の合格を目指す方に東京都対応一般選考対策コース全日制・現役生部のご紹介」

こんにちは。東京アカデミー東京校の松尾・松浦です。

本日は、2018年夏実施の教員採用試験の合格を目指す方に、
東京アカデミー東京校実施のオススメの講座をご紹介します。

2月5日(月)に開講予定の「東京都対応一般選考対策コース全日制・現役生部」のご紹介になります。

平日の10:00〜12:00、12:50〜14:50、15:00〜17:00の1コマ2時間の講義を1日最大3コマで実施します。受講期間は2月5日(月)から3月30日(金)までとなり、2ヶ月で教養試験と人物試験の対策を終えることができます。2ヶ月の対策ですが、ボリュームはあります!

まず、的中率の高い弊社オリジナル教材「オープンセサミシリーズ参考書・問題集」を使用し、教員採用試験の合格に必要な基礎知識を学ぶ「基礎力養成期間」で教養試験の対策を効率よく行います。また、新学習指導要領についてもコマを設け、改訂の背景や理念から変更点を学ぶことで、筆記試験だけではなく人物試験対策の土台も築きます

続いて、東京都の教養試験の傾向に即した非売品のオリジナルテキスト「県別対策テキスト」を使用した「県別マスター」を実施します。東京都の問題に対応できる力を身に着けます。本テキストは一般的な過去問題集とは異なり、過去問題をベースに周辺知識までカバーしていますので、合格に必要な知識を効率的にマスターできる教材として、東京アカデミー合格者からも「何度も解いた!」というお声をいただいております。
「県別マスター」では、東京都の人物試験対策も実施します。教員採用試験では新学習指導要領を理解しているかどうかを多面的に試験することになっていますが、県別マスターで実施する各種人物試験対策は新学習指導要領対応になっています。
全日制・現役生部では、土日部・夜土日部よりも人物試験対策に充てるコマ数を多く確保しています。教員採用試験では人物重視の傾向にあり、実践練習を数多く行うことで、人物試験における対応力を万全のものとします。現役大学生は、学校現場での経験を踏んでいる講師経験者とも「合格」をめぐって争わなければなりません。講師経験者とも渡り合える対応力・実践力を磨くことができる「全日制・現役生部」がオススメです。また、ベーシックスタイルを選択すれば、3月末日までに(春休み中に)一通りの対策を終えることができるので、5月に教育実習を実施予定の現役大学生の方には「全日制・現役生部」がオススメになります!

また、筆記試験は通るものの、二次試験で力を発揮できず残念な結果と成ってしまっている方にも「全日制・現役生部」がオススメです。人物試験対策を厚く対策でき数多くの実践を重ねることができること、4月以降に臨採や非常勤講師として働くことが決まっている場合には、やはり3月末日までに対策を一通り終えておく必要があります。

なお、3月末日までの受講期間終了後にも、教養試験の演習または人物試験の実践をさらに行う「実践力強化ゼミ」と、東京都の教養試験の予想問題を取り扱う「県別直前対策講座」がパックになっている「スタンダード・スタイル」や、4月以降の日曜日に実施される人物試験を重視したコースの実践の講義に出ることができる「パーフェクト・スタイル」もご用意しています。

より詳しく対策について知りたい、聞きたいという方は、コチラから資料請求を行ってください。無料でパンフレットを送付いたします。
また、個別相談も随時、行っておりますので、お気軽に東京アカデミー東京校までお越しください。


posted by 東京アカデミー東京校 at 12:28| 東京 ☀| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。