shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2017年11月05日

【看護学校受験対策】一般入試の勉強法!看護大学チューター編!


こんにちは東京アカデミー東京校チューター野中です。

台風が過ぎ去って久しぶりに快晴になりました。お昼間と夜との気温差が激しいので体調には十分気をつけて下さいね。

私はこの時期、大学のセンター試験と一般試験の勉強をしていました。今回は特にセンター試験対策のお話をさせていただきます

私はセンター試験で「英語」「国語」「生物基礎」を受験しました。
まず英語から

英語は主に「赤本」を使っていました。私は9月から12月の間しか勉強をしていなかったので短期間で実力を付けるために「とにかく沢山問題を解く」ということを目標に掲げていました。


1日にセンター一年分を解いて→答え合わせ→分からなかった熟語や単語は全て覚える


これを毎日していました。これは「時間内に問題を解くのに慣れること」、「そして自分が分からない単語をあぶり出すため」に行なっていました。9月の時点では時間内に解き終わるのが難しいのですが、11月ごろには時間内に解き終わり見直しする時間まで作れました。
最初は(リスニングを除いた点数で)五割くらいしか取れなかったのですが、回数を重ねるうちに点数は上がって、最終的に七割五分くらい安定してとれるようになりました。


センターの問題は基礎です。だからこそ繰り返し解けば、解けば解くほど点数が上がるんです


国語も同様でした。現代文のみを毎日解いていきました。そして解説を読み込む

そして読んでいくなかで問になっていなくても「意味がわからなかった熟語」「自分が書けないと思った漢字」は調べたり、書けるようにしました。

センターは全てマークシートですが一般入試で漢字の書き取りがある専門学校、大学も多くありますので漢字は比較的頑張って覚えました入学してからも、看護系は専門、大学を問わず文章を書く機会が多いので語彙力をつけることは損ではありません今は漢字を覚えたりするのがめんどくさくても頑張って覚えてください

余談ですが、医療系の新書を結構読むようにしていました。論説文がとても苦手だったので医療の内容なら興味があるので読めるかなぁと思って。通学時間や授業中(ダメですが(汗))こっそり読んでいまいした。主に「安楽死」についての本が多かったです。本を読んで自身の考えをまとめて・・を繰り返しました。面接でも話のネタになるかな・・と思いました。結果的に面接では役には立たなかったのですが、入学後、向き合わなければならないテーマでしたのでブログに書かせて頂きましたただ日々読んでいく中で少しずつ論説文への苦手意識が減ったとは思います

そして「生物基礎」ですが、これは赤本はそんなに使いませんでした生物基礎という科目は最近導入された科目なので過去問がそんなにないのです・・・・残念
ですが代わりにベネッセや河合が出している「センター予想問題」を使いました。これは五回から十回分の問題が入っているのでこれを二冊、二週しました。こちらも解いていくうちに傾向が分かっていきます。よくCMに出てくるような「この問題解いたことある」と感じるようになれるのです

そしてセンターの問題は基本中の基本です。一般試験にも確実に活かすことが出来ます!!
センターは受けない・・からといって避けないでください!!一度解いてみて自身のレベルを確認するにも良い教材です。

あと、センターと言えば・・・私が受けた大学はセンター枠が五人ととても少なく受からないだろ・・・と思いながら出願しました。しかし実際はその数倍の人数を一次合格にしていました。なので

受からないと思わずにとりあえず出願する

ことが大切です

私の場合は結構急ピッチに(三ヶ月ほど・・・)受験勉強をしてきたのでもしかしたらそんなに参考になるかわかりませんが・・でも


問題に慣れていく間に知らない知識を身に着ける


ことが受験勉強の基本です。いまは毎日勉強漬けで辛いかもしれません私もこんなことやめてやる!!と毎日思っていました。でもやっぱり「ずっと憧れだった第一志望に行く」ことを諦めることができなかったので、とりあえず駆け抜けてみました。入試まであと数ヶ月、あと少しの辛抱です。あと少し、駆け抜けてください


posted by 東京アカデミー東京校 at 09:00| 東京 ☁| 看護学校・医療系学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。