shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2017年02月12日

【看護学校受験対策】大学・専門学校を選択する3つのメリット


こんにちは!
東京アカデミー東京校看護担当の福田です

この前渋谷を歩いていたら「VR PARK TOKYO」という体験型のアミューズメントパークが出来ていました!
ちまたで話題のVRですが、私はまだ使ってみたことがないので非常に気になっています
VRはゲームなどはもちろん、最近では障がいを持った方の感覚を疑似体験できるなど、医療の面でも注目されています!今後ますます発展していく分野ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください!


さてさて、来年度の看護学校受験を検討している方で、大学or専門学校に行くかで悩んでいる方はいらっしゃるのではないでしょうか。今回は大学と専門学校の特徴をお話しいたします

4年制大学のメリットとしては、
◆3年制の看護専門学校(or短期大学)と異なり、看護師のほかに保健師や助産師の国家試験受験資格や、養護教諭の免許なども得られるカリキュラムになっていることが多い。(ただし、取得可能な受験資格・免許は大学ごとに異なるので注意!)
◆看護以外の単位も取得できるので、幅広い教養を身につけ、多角的な思考を養うことが出来る。
◆就職先を比較的自由に選ぶことができ、仕事や活動の幅を広げやすい可能性がある。
……といった点があげられますね。

「4年制大学」を卒業した看護師はほんのわずかという時代がかなり長かったのですが、90年代以降、看護大学の数が急増、看護師の「高学歴化」は着々と進んできています。就職後はリーダーとしての働きが求められているため、キャリアアップがしやすい環境です。また給料も4年制大学卒業者のほうが3年制専門学校の卒業者よりもすこし高いです。

一方、専門学校(3年制)のメリットとしては、
◆学費負担が非常に少なくてすむことが多い
◆実習が学習時間の3分の1を占めるため、より現場に即した学びが深められる
◆資格取得までに要する時間が大学よりも1年短い(即戦力して現場で期待・働くことが出来る!)
……といった点ですかね。

「大学か? 専門学校か?」の選択については、人それぞれの考え方や事情がありますので、一概に「どちらがいい」と言い切ることはできません。ただ、迷ってしまう場合は、カリキュラムや学校生活の雰囲気の違いだけでなく、将来(国家資格取得後・入職後)どういうことをしていきたいのを考えてみてください。将来、「病棟や施設の看護師」にかぎらず、いろいろ活動の幅を広げたい……そういう考えの人は大学向きかもしれません。一方、とにかく現場で患者さんのために働くのが目標だという人は、専門学校で問題ないと思います

来年の看護学校受験に向けて、東京校では毎日無料の個別相談を行っております!
看護学校受験に関するあらゆるお悩みを担当のスタッフがお応えいたします。
事前にお電話(03-3348-0731)にてご予約の上、お越しください
皆様のご相談をお待ちしております



posted by 東京アカデミー東京校 at 17:25| 東京 ☀| 看護学校・医療系学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。