shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2017年01月08日

教員採用試験対策講座 教員採用試験 Q&A PART2

こんにちは。東京校の松浦です。

2017年に入り、より一層寒さが増して来たと感じております
都心では、最低気温が氷点下を記録しそうです(>_<)
寒さに負けないような身体づくりをしていきたいものですs(・`ヘ´・;)ゞ

一昨日ご紹介したQ&Aの続きを掲載します。

Q6 教員採用試験の面接対策はどういったことを行えばよいですか。

A6 多くの方が面接対策で頭を悩まされていると思います。細かい話になると、ご本人様の現況によってということになりますが… 
大枠は「勉強」と「準備」です。自分自身の言葉で学校教育に沿った(学校に関する法律などをベースで)考え方を述べられるようになることが合格への近道と考えます。

Q7 学習指導要領はどう扱えばいいですか。

A7 学習指導要領は、教師にとっての「教科書」です。まだご購入されていない方は出来るだけ早めにご購入頂いた方がよいと思います。また、個別面談等で【学習指導要領に記載してある〇〇〇〇〇はどう思いますか?】といった質問の可能性もございますので、ご熟読されることを推奨します。

Q8 東京都の採用試験では、指導案を提出します。どういった内容のものを書けばいいかわからず、困っています。何か対策はありますでしょうか。

A8 対策として以下の3つをご紹介します。
 T 本屋もしくは自治体が管理している図書館に行く。
 U 予備校の先生または現役の教員から話を聞く。
 V インターネット等で検索をかけて指導案の例を見てみる。
この中でも特にUを推奨します。今までの指導経験に基づいた答えを頂ける可能性が高いです。

Q9 複数の自治体受験を検討しています。有利・不利はあるのでしょうか。

A9 一概には言えませんが、複数受験による有利不利はありません。但し、個人面接や2次試験合格後の意向調査で複数自治体を受験した理由を問われる可能性があります。

Q10 出身地による有利・不利はあるのでしょうか。

A10  A9と同様に有利不利はございません。
出身地の場合は、面接や意向調査でも聞かれる可能性は低いと思われます。

今日も頑張っていきましょう!


posted by 東京アカデミー東京校 at 13:26| 東京 ☀| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。