shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2016年12月03日

【看護学校受験対策】出題傾向を踏まえた一般入試対策をしよう!


こんにちは!東京アカデミー東京校 看護担当の福田です
とうとう今年もあと一カ月ですね!
私はこの前暇だったので、1カ月早く部屋の大掃除を行いました。
今回は思い切って、いつか使うかもしれない、取っておけば役に立つかもしれない、
というものはすべて捨てようと決心していました。
捨てて捨てて捨てまくったのは非常に気持ち良かったです(笑)
皆さんも掃除は思い切ってやってみてください(笑)

さてさて、今回は看護学校受験受験対策の出題傾向を踏まえた一般入試についてということで、
皆さんご存知だとは思いますが、看護学校の一般入試は学校によって問題のレベルや出題する単元はバラバラです。同じ数学Tを出題科目にしている学校でも、因数分解や方程式、2次関数と中心に出す学校もあれば、三角比やデータの分析、集合などバランスよく出題する学校もあります。
つまり、一般入試で高得点を取るためには自分の本命の学校の出題傾向を分析して、それに合わせた勉強が必要になるということです

東京校では各学校の出題傾向を踏まえた冬期講習を実施しております。

TO-4「2次関数 徹底攻略」10時間
東京都立看護専門学校では4〜5問、昭和大学医学部付属看護専門学校でも2問、JCHO東京新宿メディカルセンター看護専門学校でも3問と、ほぼ必ず出るといっても過言ではないのが2次関数です。2次関数を完璧に解けるようにすることは得点力に大きく繋がります。この講座は単元に特化し、標準レベルの問題にじっくり時間をかけて取り組みます

TO-5「時間との戦い!計算問題集中特訓」
東京都立看護専門学校では45分で20問もの問題を解く必要があり、計算の正確さとスピードが求められます。
また式の展開・因数分解・方程式などの計算問題は都立だけでなく、上記で挙げた学校や東京女子医科大学看護専門学校、JCHO東京山手メディカルセンター看護専門学校など多くの学校で出題されます。計算問題を素早く解くことで、後の問題に使える時間が大幅に変わります。計算問題に時間を取られて後半の問題が解けないという人にうってつけの講座です

TO-8「ここで差がつく!国語知識のポイント」
昭和大学医学部付属看護専門学校では大問1(13問)がまるまる漢字や慣用句、同音異義語といった国語知識の問題になります!東京都立看護専門学校でも毎年1問は必ず漢字や熟語の成り立ち等の国語知識問題が出題されます。「漢字」「四字熟語」「ことわざ・慣用句」「文学史」等の国語知識はしっかりと意味を理解し抑えておくことで確実な点数アップに繋がります。抑えておくべき国語知識の頻出項目とポイントを整理し、問題演習で定着を図ります

その他冬期講習の詳細はコチラをご覧ください

一般入試は自分の受ける学校の出題傾向を把握し、対策を行うことが必要です!
過去問は過去3年分は必ず解いておきましょう!
東京アカデミー東京校では教室に専門学校の過去問題や受験報告書(各学校毎の面接質問内容が記載)などの資料を取りそろえています。冬期講習お申込みの方は12/17〜1/31まで閲覧・コピーが可能です

何を取ればいいのか分からない、これから勉強をどう進めていけばいいのか分からない・・・
そんな方は東京校(03-3348-0731)までお電話ください


posted by 東京アカデミー東京校 at 13:26| 東京 ☀| 看護学校・医療系学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。