shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2016年11月07日

公務員試験面接試験でありがちな解答例<志望動機編>

おはようございます!
東京アカデミー東京校の小久保です。

今年度の公務員採用試験も一通りの筆記試験が終了し、これから人物試験対策に入る頃合いではないでしょうか。
現在東京アカデミー関東8校では、面接試験対策講座を実施しております。

この面接対策講座や例年の受講生の面接練習を私が対応している中で、
よくありがちな回答例についていくつか挙げてみたいと思います。

<志望動機>
・●●市は都心から近いため、交通の便が良く自然が豊かであるので〜
→抽象的すぎて「×」です。また、都心(県央など)に近くて自然が豊かな都市はいくらでもあるため、面接官としてはあまり印象に残らない内容です。
⇒改善策としては、自治体研究やフィールドワーク(面接前に1度はその自治体を歩くこと)をお勧めします。
その中で発見できたお気に入りのスポットや印象に残った土地を述べてみると良いかもしれません。

・企業は損益を追求し、公務員は損益を求めなくても別にいい
→公務員も損益自体は求めます。典型例としては、夕張市の財政破綻等で見てとれるように、借金がかさめば自治体であれ潰れます。

・地元住民と触れ合いたい、地元住民との交流の中で成長したい
→事務職志望の方では案外多い志望動機の一つ。確かにその通りのことを言ってはいるのですが、「多い」志望動機の為他の人との差別化が図れず、受験者の中で埋没してしまう恐れがあります。

上記3つを挙げてみましたがいかがでしょうか。
練習回数が少ない人に多い傾向としては、志望動機などが抽象的となってしまっており、受験者自身の具体的な体験談を絡めて発言できないがために、納得のいかない面接試験を受ける形となり不合格…という事が多かったかなと思います。
練習の際に伝えていますが、「自分自身が面接官となって自分自身の回答内容を聞いた時にどう思うか」を念頭に置いて、文章構成を考えてみると良いかもしれないです。

東京校では少数ですが、面接試験対策講座の余席がございます。
受講を検討される方は宜しければ東京校までお問い合わせ下さい。


また、東京校では大卒程度公務員試験(2017年度受験)対策講座11月生の入会を受け付けています。

●2017年受験大卒程度公務員試験対策講座
全日制・夜土部(現役生部夜土ベース):11月21日(月)
土日部(現役生部土日ベース):11月20日(日)

コマ数は少しずつ減ってしまっていますが、
全日制・現役生部では年明け以降にボリュームのある演習講座を実施、
夜土部・土日部では教養系の一般知識系科目+一部一般知能科目を生講義で受講できます。
また、入会前の講座についても映像視聴フォローにて対策可能(※前撮りの映像の為、出講講師と異なる場合があります)。

まだ今からでも合格には間に合います。
興味のある方は無料個別相談、体験受講などを受けてみませんか?




posted by 東京アカデミー東京校 at 11:19| 東京 ☀| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。