shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2014年05月12日

【管理栄養士の時事】日本人の食事摂取基準(2015年版)

東京アカデミー東京校の福田です

東京アカデミー東京校では、6月より『第29回管理栄養士国家試験対策講座』を開講いたします

そこで、開講に先立ちまして、『管理栄養士国家試験対策ガイダンス(説明会)』を下記の通り実施いたします。

管理栄養士国家試験対策 無料ガイダンス
「第29回国試へ向けての傾向と対策」
過去の試験を熟知し、多くの受験生を合格に導いてきた東京校通学講座の担当講師が、本年3月に実施された第28回国家試験の出題分析と、来年実施される第29回国家試験の対策のポイントを丁寧に説明いたします。
【実施日程】
(1)5月15日(木)19:00~20:30
(2)6月05日(木)19:00~20:30
※(1)(2)とも同一の内容になります。
【会場】
東京アカデミー東京校 教室(永和ビル9F)
【参加方法】
下記までお電話の上、「管理栄養士ガイダンス参加希望」とお伝えいただき、希望日程・お名前・お電話番号をお知らせください。
携帯電話ご予約先TEL.03-3348-0731
時計受付時間 月〜土9:00~20:00/日祝 9:00~18:00

ガイダンスに参加したからといって、通学講座・通信講座等へのお申込みを強要されたり、しつこく勧誘されたりすることは絶対にありません(笑)。安心して、お気軽にご参加ください



さて、少し以前のお話になりますが、厚生労働省が「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の報告書を3月28日(金)に公表したことをご存じでしょうか。

2010年版からの主な改定のポイントは、

1) 摂取基準策定の目的に「生活習慣病の発症予防」だけでなく「重症化予防」を付加。
2) エネルギー収支バランスの維持を示す指標に「体格(BMI:body mass index)」を採用。
3) 栄養素の指標に「生活習慣病の予防」を目的とした「目標量」設定の充実。

です。


2)については、成人期を3区分に分け、目標とするBMI〔男女共通/体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)〕の範囲を提示しており、

18〜49歳:18.5〜24.9
50〜69歳:20〜24.9
70歳以上:21.5〜24.9

となっています。

これまでエネルギーの収支(エネルギーの摂取量および消費量)バランスを維持するには、30〜49歳で運動量が中程度の女性は1日2,000kacl、18〜49歳の同様の男性は2,650kcalが必要とされていましたが、個々人の体格の違いは考慮されていませんでした。

新基準ではBMIが25以上であれば、エネルギー摂取量を減らしたり、消費量を増やしたりする必要があるわけですね。


3)については、

・ナトリウム(食塩相当量)の摂取量を、高血圧予防の観点から低めに変更
・小児期からの生活習慣病予防のため、新たに6〜17歳の食物繊維とカリウムの摂取量を設定

しているそうです。

管理栄養士を目指す方は、一度目を通しておきましょうexclamation×2

厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2015年版)概要【pdf】
厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2015年版)全文


posted by 東京アカデミー東京校 at 21:24| 東京 ☁| 国家試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。