shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2014年04月11日

教員採用試験関連NEWS

おはようございます

東京アカデミー東京校の福田です。

近日中に、お茶の水校に異動することになりました。でも、完全移籍(?)ではなく、東京校にも籍を置いたまま、両方で仕事をします。

ということで、今後はブログも東京校とお茶の水校の両方で記事を書きますよ。

さて、今日は教員採用に関するニュースを2つ。


1.教員資格認定試験・一般教養科目の廃止

現在、文部科学省が実施している教員資格認定試験は、

1)幼稚園教員資格認定試験
2)小学校教員資格認定試験
3)特別支援学校教員資格認定試験

の3種類。

いずれも大学の教員養成課程など通常の教員免許取得ルートを経ていない方でも、当該免許を取得できる試験です(一定の受験資格はあります)。

本年度の「教員資格認定試験案内」の公表(4月下旬)に先立ち、第1次試験における一般教養科目の出題廃止がアナウンスされています。

文部科学省:教員資格認定試験第1次試験における試験科目の一部変更について

教員資格認定試験に合格するだけではなく、各自治体の教員採用試験に合格しないと、公立学校の教員にはなれませんので・・・念のため。


2.改正教科書無償措置法の成立

教科書無償措置法(義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律)の改正案が、9日に参議院で成立。近日中に公布・施行されます。

複数の自治体で使用する教科書の共同採択地区を「市郡」から「市町村」に変更すると共に、共同採択地区の構成市町村による地区協議会の設置、協議結果に基づく地区内での同一教科書の採択を新たに義務付けています。

ちなみに、これまで地区協議会は「法的義務によって」ではなく、単に「通例」で開かれていました。

また、教科書の採択理由を公表する努力規定も盛り込まれました。2016年度に使用する教科書の採択から適用されます。

教科書無償措置法も、時々教員採用試験で出題されますよ


お知らせ:教員採用試験対策・第2回全国公開模試の会場受験(東京校会場)は定員締切につき、受付を終了しました。


posted by 東京アカデミー東京校 at 10:00| 東京 ☀| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。