shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2014年02月24日

東京アカデミー受講生限定・大卒公務員試験対策『時事蔵2014』

こんばんは。東京アカデミー東京校の福田です

ソチ・オリンピックが終わりましたね。そんなに熱心に観ていたわけではありませんが、フィギュア・スケートの浅田選手のフリーの演技には感動しました。同時に、過度のプレッシャーは人間の能力の発揮を妨げるものだなぁと改めて感じ入りました。

受験も同じです。

緊張や不安、「やらなければ!」という気持ちがあまりに強すぎると勉強が捗りませんし、試験本番でも力が発揮できません。良い意味で開き直り、適度な緊張と緩和を保つことが大事だと思います。

僕も小学校6年生の時に参加した模擬試験で、プレッシャーに負けて全く問題が解けずに、最後は体調不良で途中棄権(笑)したり、高校入試の本番では開き直ることができて、普段以上に問題が解けたりした経験があります。


さて、東京アカデミーの大卒公務員試験対策用・受講生限定時事テキスト『時事蔵(じじぞう)2014』〔約120ページ〕が3月上旬に発刊されます。

目次建てとしては、

位置情報 国内政治編
「政治・行政事情」「震災復興・原発対策関連」「外交事情」「地方自治」「選挙制度」
位置情報 日本経済編
「経済動向」「金融政策」「予算」「税制」「地方財政」「国際収支・ODA」
位置情報 社会編
「エネルギー事情」「労働問題」「社会保障」「社会政策」「人口問題」「環境問題」「犯罪事情・消費者問題」「国民生活全般」「医療事情」
位置情報 国際情勢編
「国際政治事情」「国際経済事情」「国際貿易」「世界経済の動向」

という構成で、本年度の大卒程度公務員試験で出題される可能性の高い時事テーマ&トピックスを網羅して、簡潔に分かりやすく解説しています。

中でも、最近1年間の政治・経済・社会情勢に関する項目で、本年度出題が予想される時事には「最新!!」過去にも繰り返し出題された時事には「重要!!」といったマークを記して、学習の優先順位を示しています。

「最新」時事では「アベノミクス」関連、日本版NSC設置法、特定秘密保護法、消費増税、アメリカの債務上限問題、シリア内戦なども取り上げています。

「重要」時事では、公務員制度改革、日本の領土問題、地方分権改革、「一票の格差」訴訟、インターネット選挙運動解禁、日本の国家予算、日本の国際収支、再生可能エネルギー、少子化対策、万能細胞(ES・iPS・STAP)なども取り上げられています。

もちろん、上に紹介したキーワードは、掲載内容のほんの一部です。キーワードを見て、「あれ?コレ見たこと(聞いたこと)はあるけれども、何のことだったけ??」という方は、これからしっかり学習していきましょう。

『時事蔵2014』には、2013年度の国家一般職、裁判所一般職、国税専門官、労働基準監督官、地方上級(都道府県・特別区・政令市)、警察官、消防官、市役所等、大卒程度公務員本試験で出題された項目について、それぞれの職種・試験を表すマークも付いています。

さらに、最新の時事だけでなく、必要に応じて過去の関連事項も解説、巻末には豊富な演習問題も掲載していますので、「時事はどう勉強すれば良いのか分からない!」という方にも安心です。

時事の学習は、筆記試験はもちろんのこと、論文・面接・討論試験の対策としても重要ですから、3月からは必ず取りかかりましょう!


大卒程度公務員 3月〜4月の無料ガイダンス(説明会)
★会場は、いずれも東京アカデミー東京校・教室(永和ビル9F)です。
★ご予約は不要です。
◆3月1日(土)11:00〜12:00
 2015年受験 大学生対象 現役合格の秘訣
◆4月5日(土)11:00〜12:00
 2015年受験 早期スタート学習法


posted by 東京アカデミー東京校 at 18:58| 東京 ☀| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。