shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2013年11月28日

東京都・若手英語教員の海外留学を来年度より必修化!

こんにちは。東京アカデミー東京校の福田ですわーい(嬉しい顔)

11月24日(日)、教員採用試験対策・リバイバル模試(2013年度第1回模試をベースとした模試)を実施いたしました。東京校での会場受験者の数は約70名。今回は教養試験(教職のみor一般のみor教職+一般)だけの実施でしたが、皆さん真剣に臨んでおられました。

限定された時間で、極限まで集中して、時間配分にも注意しながら、正解を目指す・・・という体験は、本番だけでなく、このような模擬試験で疑似体験を重ねてこそ磨かれるものです

「撃沈した・・・」というお声も耳にしましたが、まだ点数を気にされる必要はありません。今回の模試の自己採点や1ヵ月後に返却される成績表で、自分の弱点や現在位置をハッキリ掴んで、勉強に活かすことが大切ですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

1月以降の全3回の全国公開模試、そして全67自治体におよぶ自治体別模試もできるだけ「会場受験」でご参加くださいねぴかぴか(新しい)


さて、一部マスコミでも報道されましたが、東京都教育委員会は来年度から、公立中学・高校の採用3年目の若手英語教員約200人全員を、3ヵ月間海外留学させることに決めたそうです。

英語教員を目指す皆さんはご存知の通り、今年4月から完全実施された高校の新学習指導要領では「英語の授業は英語で行うことが基本」と明記されており、文法重視からコミュニケーション重視への指導法の転換が求められています。

そのような背景に加え、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは多くの外国人が東京を訪れると予想されることから、英会話などコミュニケーション能力を育てる授業を強化し、生徒の語学力アップを図るために今回の短期留学が導入されました。併せて、都立高校の外国語指導助手(ALT)も現在の200名から2014年度300名、2015年度400名に増やすそうです。

これまで東京都教育委員会では、中堅(31〜42歳)の英語教員と教育委員会職員を対象にした1年間の留学制度がありましたが、派遣枠は年間4名分のみでしたので、大改革ですね。

今回導入される短期留学では、英語圏の大学などにおいて、英語を母国語としない生徒に英語を教授するための資格の取得を目指し、英語だけの授業運営や活発なディベートを生徒に促す方法などを学ぶそうです。一般家庭へのホームステイも予定されているとか。

わずか3ヵ月で効果があるのかexclamation&questionという声もあるでしょうが、観光ではなく英語漬けの毎日ですから、それなりに大変でしょうし、効果はあるんじゃないでしょうか。

今のところ、同様の制度は他の自治体にはありませんから、英語教員として今後必要とされるスキルを伸ばしたい方にとって、東京都の英語教員になるというのは良い選択だと思いますわーい(嬉しい顔)


2014年夏受験 教員採用試験対策講座 12月生入会受付中!
位置情報東京校開講コース
・東京都特化型コース(全日制・夜間部・日曜部)
・併願型受験コース(夜間部)
・特例受験対策コース〔東京都型〕(日曜部)
詳細は、東京アカデミー公式サイトをご覧ください。
教員採用 東京校講座案内

イベント 2014年夏受験 教員採用試験対策 特別講座【無料・予約制】
12月7日(土)
『採用試験合格のカギ!人物試験対策の基本』

・10:00〜11:30 at 東京アカデミー横浜校
・14:00〜15:30 at 東京アカデミー池袋校
当講座ご参加の方が通学講座にご入会される際には、入会コース所定の教材費が無料となります
詳細は、東京アカデミー公式サイトをご覧ください。
教員採用 関東 ガイダンス・イベント
↑こちらのページから特別講座の案内書(pdf)や参加申込webページへジャンプできます。

イベント 2014年夏受験 教員採用試験対策ガイダンス【無料・予約不要】
12月15日(日)
・13:00〜14:30 at 東京アカデミー東京校・教室(永和ビル9F)
主に初めて教員採用試験対策のための受験学習を始めるという方を対象にしたガイダンスです。当社の受験対策講座についても、ご説明いたします。


posted by 東京アカデミー東京校 at 12:21| 東京 ☀| 教員採用試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。