shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2012年10月22日

【大卒公務員】労働基準監督官になろう!

こんばんは。東京アカデミー東京校の福田ですわーい(嬉しい顔)

「読書の秋」などと言いますが、皆さんは小説などは読まれますか?僕は村上春樹、ミステリ、SF、歴史・時代小説など、硬軟・ジャンルを問わず、年間に100冊程度は読みます。お金がかかるので、村上春樹さんの著作以外は、もっぱら文庫本です。今日は『謎解きはディナーの後で』(東川篤哉・著)を読了本。桜井翔さん、北川景子さん主演でドラマ化もされましたし(見てません)、来年は映画化されるようですね(見ないかな)。なかなか面白かったです。


さて、公務員志望の皆さんの中には、自分が生まれ育った地元や学生生活を送った場所で公務員になりたい、すなわち都道府県市町村の職員=地方公務員になりたいと考える方が、圧倒的に多いようです。

しかし、世の中には国家公務員にしかできない仕事、国家公務員でしか味わえないやりがいというモノも存在します。でも、地方公務員に比べて、仕事がイメージしづらいんでしょうねふらふら

ということで、僕の今日の投稿記事では、前回の「裁判所職員(裁判所事務官)」、前々回の「国税専門官」に続き、国家公務員専門職「労働基準監督官」について、ご紹介します。

労働基準監督官とは、人々が安全・安心な環境で働くことができるよう、事業所・事業主が労働基準法・労働安全衛生法・最低賃金法など労働関係法令を守っているかどうか、監督・指導する国(厚生労働省)の専門職員であり、全国の都道府県労働局・労働基準監督署・厚生労働省本省などで約3,000人が勤務しています。

具体的な業務としては、事業所への立入検査により、労働関係法令に対する違反が認められる場合に事業主に対する行政指導を行います。特に悪質・重大な違反に対しては、特別司法警察員として捜査を行い、事業主を検察庁に送検する場合もあります。労働災害に関する業務全般(原因・状況調査/予防・再発防止のための指導/機械・設備に関する審査・検査/労災保険給付など)も担当しています。

厚生労働省

労働基準監督官採用試験(厚生労働省ウェブサイト)
〔受験資格(平成24年度に基づく平成25年度予測)〕
 1.昭和58年4月2日〜平成4年4月1日生まれの方
 2.平成4年4月2日以降生まれの者で、次に掲げる方
 (1)大卒および平成26年3月までに大卒見込みの方
 (2)人事院が(1)と同等の資格があると認める方

ちなみに、労働基準監督官の採用試験には、A(法文系)とB(理工系)があります。A型での受験を目指す方は、ぜひ本試験の出題内容・形式・レベルに準拠した東京アカデミー「労働基準監督官A型模試」をご利用ください。2013年3月20日(祝)開催です!
東京アカデミー公式サイト 「労働基準監督官A型模試」案内ページ

日本国民全体のために働き、特定の自治体の住民のために働く地方公務員とは違ったやりがいと面白さのある国家公務員ぴかぴか(新しい)。ひょっとしたら、あなたの特性や資質を生かせる仕事は地方自治体にではなく、国の仕事の方にあるかもしれません。ぜひ、いろいろ職業研究をしてみてください。


東京アカデミーでは、2013年度・大卒程度公務員受験対策講座10月生・11月生・12月生のご入会を受付中ですexclamation「労働基準監督官コース」もございますexclamation×2しくは、こちらのページからチュートリアルの福田さんが目印のパンフレット表紙画像をクリックして、pdf版パンフレットをご覧ください。


posted by 東京アカデミー東京校 at 18:11| 公務員試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。