shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2012年10月06日

看護師になろう!第8回:自己推薦書・志望動機書の書き方3

 おはようございます。東京校の松井です。このシリーズも8回目。はじめは続かないのではないかと心配でしたが、案外続くものですあせあせ(飛び散る汗)

 さてさて、今回も書類の書き方に関するお話。前々回は最低限書かなくてはならない内容について説明し、前回は記入上の注意点を説明しましたが、今回は「優れた出願書類の書き方」についてです時計

 志望動機書や自己アピールの善し悪しとは、いったいどのように決まるのか? 答えはいたって単純。「相手(試験官)を納得させられるかどうか」によって決まるのです。「この人はうちの学校に心底入りたいんだな」とか、「この人は本当に看護師になりたいんだな」とか、そんなふうに相手を納得させてしまえば合格は決まったも同然です手(グー)(あくまで学科や面接の出来次第ですが)。

 なぜなら、志望動機も自己アピールも、出願書類は全て「私は本当に看護師になりたいと思っています」「あなたの学校にどうしても入りたいんです」ということを相手に伝えるための文章なのですから。

 では、どうしたら相手を納得させられるのでしょうか。答えは、「『具体的』に書くことによって」です。

 志望動機も自己アピールの良し悪しを決める一番の要因は具体性です。例えば、ある人が願書の自己PR欄に以下のような文章を書いたとします。

「私は前職の営業職を通し、高いコミュニケーション能力を身に付けました。看護師にはコミュニケーション能力が不可欠なので、この能力を看護師として働くうえでも、活かしていきたいと考えています」

 これを読んで、「実際にこの人はコミュニケーション能力が高そうだ。きっと、よい看護師になるだろうな」と思いますか? そうは感じない人が多いと思います。では、次の文章はどうでしょうか。

「私は以前保険の営業職に就いておりました。はじめ契約を取るのは難しく、門前払いをされることもしばしばでした。しかし、私はお客様に少しでも興味を持ってもらえるようにと、日々空き時間を使って分かりやすい説明の練習を重ねました。また、お客様の立場にたった提案ができるよう、はじめから商品の説明をするのではなく、まず、お客様のお話を聞きお客様が本当に望んでいらっしゃることを聞き出すことに努めました。その結果、少しずつ契約が取れるようになり、契約数月間最優秀賞をいただくことができました。私はこの経験を通して、相手の立場に立って考え行動することの大切さを学びました。看護師として働く際にもこのことを忘れず、患者様の声に耳を傾け、患者様に寄り添う看護師になりたいと考えています」

 これならどうでしょう。コミュニケーション能力がありそうに見えませんか? 上の文章では「コミュニケーション能力」という曖昧で抽象的な表現を使っていたために、その人の考えていることやもっている能力が伝わらない文章になっていました。下の文章では「コミュニケーション能力」という言葉を使わずに具体的なエピソードを使ってその人の資質を説明しているため、人柄や能力が伝わりやすい文章になっていますグッド(上向き矢印)。もちろん、記入できるスペースが狭い場合には、さらに一工夫が必要です。

 出願書類に「コミュニケーション能力」、「絆」、「生命の尊さ」といった抽象的な表現を使っている人をよく見かけますが、これはおすすめできません。こうした表現は意味の幅が広く、また、人によって捉え方も異なるからです。例えば、「コミュニケーション能力」は、ある人にとっては「分け隔て無く誰とでも上手に付き合える能力」かもしれませんし、他の人にとっては「他人と向き合い相手のことを理解しようと努力できる能力」かもしれません。場合によっては、「コミュニケーションの取りやすい相手とそうでない相手を即座に識別し、コミュニケーションが取りにくい相手を上手に避ける能力」も「コミュニケーション能力」といえるでしょう。

 このように意味の広い言葉を書くことは字数を無駄にするに等しい行為です。「コミュニケーション能力があります」と一言書いても、その人がどのような意味で「コミュニケーション能力」という言葉を使っているのか全く分かりませんから、なにも書いていないのと変わりがないのですふらふら

 上記の例のような抽象的な表現を使用するときは、必ずあなたにとってその言葉がどのような意味をもっているのかを説明しましょう。大事なことは、「コミュニケーション能力とはなんだろう」「生命の尊さとはなんだろう」ということを、しっかり考えることです。しっかり考えた上で出た答えであるならば、面接官にもしっかりと考えたのだということが伝わります。良くないのは、なにも考えずに抽象表現を使用して分かった気になってしまうことなのです。

 次回も「優れた出願書類の書き方」の続きを書きたいと思います。


posted by 東京アカデミー東京校 at 09:11| 看護学校・医療系学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。