shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2012年09月09日

「看護師になろう!第6回:自己推薦書・志望動機書の書き方」

こんにちは。夏も終わりましたねバッド(下向き矢印)。いよいよ社会人入試や推薦入試の出願時期が近付いてきました。ということで、今回は出願書類に書くべきことについてお話しします。

出願書類を出す際に求められる内容を大きく分類すると、志望動機自己アピール(自己PR)の2つに分けられます。以下、この2つについて順番にお話しします。

まず、志望動機に関してですが、やはり大まかに2つに分けることが出来ます。その2つとは、看護師を目指す理由その学校を志望する理由です。

志望動機書に看護師を目指す理由だけを書き、その学校を志望する理由を書かない人がいますが、これではいけませんふらふら。学校側は自分の学校に必ず入ってくれる人を合格させたいのですから、その学校を本気で志望しているということを書類で必ず伝えるようにしましょう。書類にただ「志望動機を書いてください」と書かれている場合は、必ず上記の2つを盛り込みましょう。

次に自己アピールに関してですが、この質問で学校側が知りたいのは、志望者が看護師に向いているかどうか、実際に学校で上手くやっていけるだろうか、ということですひらめき

自己アピール欄には、看護師として働く上で役に立ちそうな資質や経験に加えて、自分の人柄が伝わるエピソード(自分の具体的な体験)等を書きましょう。看護師の仕事に一切関係ないアピールはいくら優れているものでも、あまり意味はありません。あくまで看護学校に提出する書類だということを忘れずに。

以上の点を守って書類を書いた後は、必ずだれかに書いたものを見てもらい、客観的な意見を述べてもらいましょう晴れ。自分では分かりやすく書いたつもりでも、人に何かを伝えるということは案外難しく、伝えたいことが伝わらないことは多々あります。

10月・11月は、いよいよ社会人入試や推薦入試の本番です。みなさん体調に気を付けて、最後まで頑張ってくださいパンチ

もっといろいろなことをお聞きになりたい方は、ぜひ東京アカデミー東京校( 03-3348-0731)にお電話の上、個別相談の予約をお取りください。個別相談は無料で随時受け付けています。


posted by 東京アカデミー東京校 at 10:13| 看護学校・医療系学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。