shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2012年06月25日

看護学校合格のための夏

こんばんは。東京アカデミー東京校の福田ですわーい(嬉しい顔)

昨日は、看護学校合格を目指す東京校受講生の皆さんを対象に、「入試対策ガイダンス」を担当させていただきました。

5月に行われた東京アカデミー主催の「第1回・看護医療系全国公開模試」の結果が出たところでしたので、個人成績表を返却しつつ、成績表の見方や偏差値の意味について、まずご説明しました(そして、どんな看護学校が難しいのか、または易しいのかという話も)。

この第1回模試の成績が良いか悪いかは、それほど重要ではないのです。偏差値は、これからの勉強次第で上がりもするし、下がりもしますし、あくまで相対的な学力指標です。

いかに夏の終わりまでに基礎力を完成させるか、それによって自分の学力を確実に上げるか、これが大事です。ちなみに、合格する方は、第1回と第2回の模試の間で、平均して5ポイント程度、偏差値がアップしています。

昔から「夏は受験の天王山」と称されますが、本当にその通りですねぇ晴れ

では、成績を上げるには、今から、そして夏に、何をどう勉強すれば良いのか、ガイダンスではそんな話もさせていただきました。具体的には、昨日のブログを担当した松井君が、連載記事で説明してくれるでしょう。

普段は独学の方、他の予備校・塾に行かれている方、これから受験対策を始める方、ぜひ東京アカデミーの夏期講習で看護学校合格のための基礎力を完成させてください。

お待ちしていますexclamation×2


posted by 東京アカデミー東京校 at 21:48| 看護学校・医療系学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。